coromoのこと(1)

洋服に限らず作ることが好きで服飾の仕事に携わってきました。

ウェディングドレスのアトリエではデザインからパターンや縫製の下請け、仕立てのお店では縫い子として、また劇団の衣装スタッフとして活動していた時期もありました。

そのうち本業の傍ら、知人から洋服に限らずカバンや小物など「こんな物が作れないだろうか?」という依頼を受けるようになりました。

安くて質も良く、様々なバリエーションの中から選べる時代にも関わらず、自分の声を直接聞いてくれる場が時には必要とされる事もあるんだと感じました。

 

”作り手が着る人・使う人とお話をしながら一つのモノを作り上げていく”

ちょっと大げさかもしれませんが、それは自分の思い描く理想のモノ作りの形であり、そんな空間になればと、このたび縁あって桃ヶ池長屋にてアトリエを構える運びとなりました。

coromoのこと(2)

”オーダー”というと敷居が高いと思われますが、coromoはお仕立て専門店ではありません。

「普段着使いの服が欲しいけど既製品では見つからなし、かと言って仕立て屋さんには行きにくいし・・・」という声や「これと同じサイズのカバンを探しているんだけど・・・」など、洋服以外の依頼もあることから、ちょこっとした身の回りの物でも気軽に相談に来て頂けるようなお店でありたいと思っています。

なので、色々な洋服や雑貨を見てその日に買って帰れるような楽しみはありませんが、ご相談だけでもお気軽にお越し下さいませ。